SUSAI

須裁

SUSAI
無限に広がるジャカードの可能性を追求

創業は1906年。着物の帯地の生産から始まり、戦後はレーヨン素材の織物を輸出。80年末から婦人服地の製造を開始。小ロット多品種のジャカード織を幅広く展開することで豊富な技術を蓄積してきました。経糸を何種類も使い、さまざまな素材を複合的に組み合わせ、他の産地では真似できない自由度の高いジャカードを生産するのが桐生の特長だとすれば、それをさらに極めるべく、日々試作をしていると言う代表の須永康弘さん。シンプルな無地の膨れ織りプリーツ、刺し子調の二重織り、サテンや綾織りを部分的に混ぜた生地など、さまざまな加工が生み出す独特な味わいも計算しつつ、新たなマテリアルを創作し、国内外の多くのデザイナーからも注目されています。「さまざまな素材による生地の多彩な可能性を追求したい」と語る須永さんは、若いスタッフのアイデアも積極的に採用。自社のジャカード生地を使用したバッグや帽子などのオリジナルの服飾小物の開発にも力を入れています。

須裁株式会社
Add. 群馬県桐生市東5-4-9
Tel. 0277-45-2750 Fax. 0277-45-2770
Email. susai.kiryu.japan@gmail.com
HP. http://susai.jp/

生地サンプル

クリックすると拡大表示されます

個性的な桐生の機屋